サプリの筈なのに医薬品成分が混入

スーパーやコンビニ、薬局などで手軽に購入することが出来るサプリは栄養補助食品として食品に分類されています。
手軽に安価に購入することが出来る一方で、効果の期待することが出来ない物が出回っているのも事実です。
サプリには通常医薬成分は含まれていませんし、医薬成分を配合することも出来ませんが、サプリの筈が医薬品成分が混入されていたというケースも少なからずあります。
このようなサプリを服用することにより、健康を害する可能性があります。
サプリを購入する場合には、そのサプリが有効であるのかに加えて、摂取する必要があるのかをしっかりと見極めることが大切になります。

また、医薬成分が含まれていないサプリであっても、医薬品と同時に摂取することにより副作用が起きやすくなる可能性もあります。
内服薬を服用する場合には、サプリの影響について医師に確認するようにしましょう。
日本国内で出回っているものだけでなく、最近では海外のサプリを個人輸入で気軽に購入することが出来るようになっています。
日本では許可されていない成分が含まれている可能性もあるので注意が必要です。

不安な点や疑問に思うようなことがあれば、直接メーカーに問い合わせるなどして確認してから摂取するようにしましょう。