正規のED薬の使用で逮捕されることはない

正規のED薬を利用することによって突然逮捕されることは絶対にありません。そもそも、日本国内で処方されるED薬は国から認可を受けているものだけです。基本的に、病院で処方してもらうときにはED薬に対して保険の適用はありません。しかし、だからと言って薬を処方してはいけないことにはなりません。自由診療でいつでも問診してもらって薬を購入することが出来るため、ED薬がほしいときにはきちんと病院に行って相談することが大事なのです。
もちろん、ED治療薬に関してはやってはいけない売買もあります。それは、国内で認可を受けてない薬を売買することです。日本の医薬品に関する取り決めはかなり厳格で、日本国内で認可を受けていないものを売買するとそれだけで逮捕されることもあります。実際、許可を得ずに売買をした人が逮捕された例がいくつか存在します。医薬品に関しては、国家が厳格な基準を決めて必要なものだけを使うことが許されています。そうしないと、余計な成分が入っていた場合には身体に悪い影響を与えかねないからです。実際、ED治療薬に関しては過去にその基準が見直された背景があります。日本国内で最初に販売されたED治療薬はバイアグラですが、バイアグラに関しては海外からの輸入に依存することになるためその正しい用法を知らない人が多かったのです。そのため、使用してはいけない方法でバイアグラを使ってしまい身体に重大な疾患を遺してしまった人も少なからずいました。そのため、ED薬に関する検査は現在でも厳格で、認可を受けていないものに関しては売買してはいけません。
日本国内では、保険の適用がなくても売買しても良いものは医師が売っていますので、医師から購入することが最も確実です。