状況に応じてED治療薬を使い分けよう!

ED治療薬には、色々なタイプのものがあります。
即効性のあるものや、ゆっくりと効果があらわれてくるものなどです。
効果の出方が異なっているので、それらは状況に応じて使い分けることが肝心です。

たとえばレビトラやバイアグラは、急に性交渉をすることになった場合に有効なED治療薬です。
服用後20~30分ほどで効果があらわれ始めます。
特に空腹時に服用した場合には、高い効果がスピーディに出てきます。
満腹時に服用すると効果が薄れるので、その点では服用するタイミングをはかる必要があります。

長時間性交渉を楽しみたい場合には、シアリスの服用が適しています。
シアリスは、服用してから3時間ほど経過しなければ効果が出てこないのですが、その分効果の持続時間が長いです。
錠剤の大きさにもよるのですが、たとえば20mgの錠剤の場合、30~36時間ほど効果が持続します。
食事の影響をあまり受けない薬なので、満腹時の服用でも効果が期待できますし、服用後の飲食も可能です。

このようにED治療薬は、種類によって効果の出方に大きな違いがあるのです。
それぞれED治療に有効ですが、状況に応じて使い分けることで、一層有効活用ができるようになります。

サプリの筈なのに医薬品成分が混入

スーパーやコンビニ、薬局などで手軽に購入することが出来るサプリは栄養補助食品として食品に分類されています。
手軽に安価に購入することが出来る一方で、効果の期待することが出来ない物が出回っているのも事実です。
サプリには通常医薬成分は含まれていませんし、医薬成分を配合することも出来ませんが、サプリの筈が医薬品成分が混入されていたというケースも少なからずあります。
このようなサプリを服用することにより、健康を害する可能性があります。
サプリを購入する場合には、そのサプリが有効であるのかに加えて、摂取する必要があるのかをしっかりと見極めることが大切になります。

また、医薬成分が含まれていないサプリであっても、医薬品と同時に摂取することにより副作用が起きやすくなる可能性もあります。
内服薬を服用する場合には、サプリの影響について医師に確認するようにしましょう。
日本国内で出回っているものだけでなく、最近では海外のサプリを個人輸入で気軽に購入することが出来るようになっています。
日本では許可されていない成分が含まれている可能性もあるので注意が必要です。

不安な点や疑問に思うようなことがあれば、直接メーカーに問い合わせるなどして確認してから摂取するようにしましょう。